ドラフトキングス(DraftKings)とは?

ドラフトキングス(DraftKings)とは?

ドラフトキングスはオンラインカジノやファンタジースポーツを提供する企業です。2012年にアメリカのボストンで設立され、次々と競合企業を買収することで市場規模を広げました。ファンタジースポーツは日本ではあまり聞き慣れないサービスですが、アメリカをはじめとする欧米では人気の娯楽です。利用者たちは実際の選手の成績などを基に自分だけの架空チームを結成します。架空チーム同士を戦わせて、勝ち負けなどを賭けるギャンブル性が好まれています。

DraftKingsに参加するためにはアカウントを作成する必要がありますが、日本のデバイスからは作ることができないので注意しましょう。オンラインギャンブルはそれぞれの国の法律を考慮して行う必要があり、日本で認められていないギャンブルを遊ぶことは運営元が海外の場合を除いて違法です。アメリカでも州によっては規制がかけられており、今後ファンタジースポーツ市場がどの程度拡大していくのかが注目されています。

ドラフトキングスでは様々なスポーツのリーグからチームを作ることができ、サッカーのプレミアリーグやテニス、NFLなどが選ばれています。シーズンを通して勝敗を競ったり、特定の試合で獲得した点数を賭けの対象にしたりします。次に選手がどのようなプレイに出るかを予想するなど、リアルタイムで賭ける様子は実際の試合を観戦しているかのようなライブ感があります。ファンタジースポーツにおける選手は実在しているため、必ずしも従来の成績通りのプレイをするとは限りません。直近のパフォーマンス低下や天気、怪我の有無などもプレイに変化をもたらします。利用者たちは何が起こるか分からない状況の中で、できるだけリスクに配慮しながら最高のチームを選択する必要があります。

的確な状況判断ができた利用者は試合に勝ち賞金を得られます。何億円もの賞金を手に入れた利用者が出たことも、ドラフトキングスの知名度をアップすることにつながったと考えられます。ファンタジースポーツはそれまではあまりスポーツ観戦をすることのなかった人々に、スポーツへの興味を高めることに成功しました。特に最近の世界情勢から見ればスポーツのオンライン化は今後さらに拡大すると考えられ、実際に試合を観戦しに行くよりもドラフトキングスで熱狂するシーンは簡単に予想できます。現在は大手スポーツ産業とパートナーシップを組むなど、プロモーションに積極的です。