ファンタジーバスケットボールの基本の遊び方

ファンタジーバスケットボールの基本の遊び方

スポーツの定番であるバスケットボールは、5人ずつのチームに分かれ、時間内にどれだけ相手から得点を奪うことができるかを競うものです。そしてアメリカのNBAを始めとして熱狂するファンが非常に多いです。もちろん選手にはそれぞれ異なる個性やポテンシャルがあり、その内容を決めるのは各々のチームです。当然チーム作りには制限があり、その範囲内で進めていかなければなりません。しかしファンの中には、自分で夢のチームを作りたいと考える人もいます。そんな人の希望を叶えるのがファンタジーバスケットボールで、シミュレーションゲームのひとつとして扱われます。

世の中にはファンタジー スポーツと言って、野球を始めとする様々なスポーツを題材に繰り広げられるジャンルがあります。実際の選手のデータを元に架空の試合を行うというもので、ファンタジーバスケットボールはその中のひとつです。そんなファンタジーバスケットボールの基本的な遊び方や概要を紹介します。

ファンタジーバスケットボールではまず選手のデータが用意され、どれだけの得点を獲得できるか、ファールする回数はどれくらいかが分かります。そういったデータを元に、プレイヤーはまず選手のドラフトを行います。チームのバランスを考えながら、欲しい選手が他のプレイヤーと競合の上で獲得しなければなりません。さらに作成した基本的なチームをベースにして、より強くするために選手のトレードなどを行います。そうして作り上げた自慢のチームを、他プレイヤーのチームと対戦させ、勝敗を競います。ゲームとしてのサービスは数多くありますが、場合によっては数日間に渡って、本格的なリーグで優勝を狙うものもあります。

そんなファンタジーバスケットボールは、日本ではしばしば違法行為のように扱われることがあります。しかしただサービスを利用してプレイすること自体は法的に何の問題もありません。なぜ違法のように扱われるのかというと、それは賭けごとと組み合わされることが多いからです。実際に本場となっている海外では、勝敗に現金をかける場合も珍しくはありません。もちろん日本ではそのような賭けごとは認められていないので、もし個人などがお金を賭けると違法行為になってしまいます。ただファンタジースポーツアプリを使用するなど、海外を拠点に展開されているものに日本からオンラインで参加する場合は、実際のところグレーの扱いになっています。