ヨーロッパのファンタジーフットボール

ヨーロッパのファンタジーフットボール

ファンタジーフットボールとは、リアル世界とバーチャル世界が連動するスポーツゲームであり、現在とても注目を集めています。NFLの全32チームからお気に入りの選手を得選んで仮想のチームを編成し、プレイヤーとリアル世界での試合の一つ一つに応じて、自分が作った仮想チームに点数が加算されていくといいます。特にイギリスを中心に皆、ゲームに熱狂。ビアガーデンや食卓・自室・オフィスのいたるところでプレイしている姿が見られます。世界各地で行われている姿は、世界各国を巻き込んだ社会現象といえるでしょう。プレイヤーたちはヨーロッパのSuperLeagueクラブの試合に熱中し、試合経過をかたずをのんで見守っています。

このゲームはファンタジー・プレミアムリーグといい、オンラインサッカーの「監督」となったプレイヤーがゲームを戦っていくシステムです。プレイヤーの総計は630万を超えており、日本でもひそかなブームが巻き起こっています。特にサッカー好きにはたまらないといえます。

このゲームは毎試合ごとに、実際のプレミアムリーグに所属する選手15名を選んで「ヴァーチャルチーム」を作っていきます。選んだ選手の実際の試合の実績や勝利への貢献度によって、プレイヤーがポイントを獲得していくシステムになっています。

プレイヤーは「監督」として、毎週の締め切りまでに1億ポンドの予算内で戦術を調整。選手を移籍させたりもできます。プレイヤーたちはできるだけ多くのポイントを獲得して、世界ランキング上位を目指して日々プレイしています。プレイヤーの数も年々増えていて、2014年の時に比べて2倍にも増えているといいます。NFLの登場により、サッカーの見方が変わってきたと分析されており、通常の試合だけでなく自分のポイントが上がっているかも見ながら考えるようになっていったと分析されています。NFLを作成した人は、「私は試合を見ながら、常に交代や負傷、セットアッププレイに担当する選手を考えています。私のサッカーとの付き合いを完全に変えてしまいました」とコメントしました。

試合経過とともにTwitterでは、バーチャルに対する感想コメントがあふれています。また、家族や会社の同僚などのコミュニケーションの懸け橋となれば良いと、創設者は語っています。バーチャルの世界一を狙うよりは、家族や恋人と楽しい時間を過ごせてもらえなという心意気に、粋な心を感じずにはいられない印象を受けるスポーツです。